仮想通貨を売買しなくても利益を出せるステーキングについて解説します!

仮想通貨を売買しなくても利益を出せるステーキングについて解説します!

仮想通貨でお金を増やそうと思ったら、良さそうな銘柄を安い時に買って高くなったら売るという単純なトレードを想像しますね。

トレード方法には現物取引や先物取引といった種類があり、さらに他にも取引所が展開している様々なサービスによって、実は稼ぎ方は一つではありません。

いきなり通貨を売買するのはこわいな

自分にはどんな取引方法が合っているのだろう?

と思っている人たちに、ステーキングという方法を紹介していこうと思います。

通貨を売買することなく利益を出すことができるステーキングは、初心者にとてもおすすめの稼ぎ方です!

ステーキングって一体なに?ということから、国内でステーキングサービスを扱っている取引所の紹介、おすすめの銘柄など一挙に解説!

ステーキングとは一体なに?
  • ステーキングは保有しているだけで利益を得られる方法
  • ステーキングはPoSを採用している通貨で行うことができる
  • 実施のステーキングは高度で難しいが、取引所のステーキングサービスを利用すればだれでも配当金を受け取ることができる
  • 現在国内取引所でステーキングサービスを利用できるのは「GMOコイン」だけ。
  • 専用ウォレットを使えばステーキングサービスがなくてもステーキングができる。
  • ステーキング報酬には税金がかかるので注意が必要。

ステーキングとは?通常の取引とのちがい

ステーキングとは?通常の取引とのちがい

ステーキングとは、ある銘柄を持っているだけで稼ぐことができる稼ぎ方です。

厳密にいうと、購入した銘柄をその銘柄のブロックチェーンネットワークに預けるというところまでが必要となります。

これによって利益が得られるしくみについては、次の項目で詳しく説明していきます。

冒頭でも触れたように通常の取引では、仮想通貨を買ってから売ることで利益を得ますよね。

特に投資が初めての人が多い仮想通貨投資をはじめたばかりの人にとっては、この「売る」という行為がとてもハードルが高いのではないでしょうか。誰しも失敗はしたくないものです。

そうは言っても、通貨は持ち続けていても手元にお金が増えていくわけではありません。

保有している間に通貨の価値がガクンと下がってしまうこともありますし、不安も募りますよね。

つまり、通貨を買ったはいいけど保有しているだけなのは不安、いざ売ろうとした時には迷いや恐怖を感じるのが初心者の心理でしょう。

ステーキングを利用すると、そういった不安を抱えずに通貨を保有することができるので、初心者にとっては安心感の高い稼ぎ方といえます。

キャピタルゲイン(売却益)とインカムゲイン(運用益)とは

投資の世界には、「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」という言葉があります。

先ほど説明したように、通常の売買取引で得られる利益はキャピタルゲインといって、得ることで得られる利益のことを指します。

これまで仮想通貨の世界ではキャピタルゲインを利用した稼ぎ方が主流でした。

しかし、ステーキングという手法が認知されてからはインカムゲインを狙うことができるようになったのです。

インカムゲインとは、資産を保有している間に継続的に得られる利益のことを指します。

ステーキングはインカムゲインを得ることができる手法の一つなのです。

ステーキングで利益が得られるしくみ

ステーキングで利益が得られるしくみ

どうして仮想通貨を保有しているだけで利益が発生するのでしょうか。

実はこれは、ステーキングがマイニングの代替手段になり得るからなのです。

中身について詳しく説明していきましょう。

ここからは難しい専門用語がたくさん出てきて説明が長くなってしまうので、少しずつ区切って説明していきます。

マイニングとは

仮想通貨の背景にあるブロックチェーンというしくみは、膨大な難しい計算によって支えられています。

取引が発生するたびにこの計算は行われますが、これを銀行のような中央管理者が一括して行っているわけではありません。そもそもブロックチェーンは「中央管理者がいない」ことが大きな特徴なのです。

したがって、これらの計算を行うのはユーザーたちになります。ユーザーたちが競って計算を行う行為をマイニングと呼ぶのです。

マイニングには、

  •  一人で行うソロマイニング
  • 複数で行うプールマイニング
  • マイニングビジネスを行う会社によるクラウドマイニング
という3つの種類が存在しています。

仮想通貨を実際に利用するためにはマイニングが欠かせません。

マイナー(マイニングを行う人のこと)はマイニングを行うことで、報酬を得ることができるのも大きなポイントです。

ステーキングはP2Pネットワークに参加することで報酬を得られる

まず、ブロックチェーンネットワークはP2P(ピア・ツー・ピア)という方式が主流です。

要するに、ネットワークに参加するコンピューターをたくさんつなぐことでクモの巣のようにネットワークが張り巡らされる方式をいいます。

これによって、どこか一か所にだけ負担をかけずにネットワークを維持することができ、ネットワーク攻撃やトラブルのリスクを分散させることができるのです。

ちなみにこのP2Pという方式は仮想通貨だけのものではありません。みなさんが日ごろ使っているLINEやSkypeといった通話アプリでも使われています。

ステーキングは、このようなP2Pネットワークに参加することによって利益を得られるしくみになっています。

ステーキングはPoSを採用している通貨でできる手法

ステーキングの場合はただ参加するだけでなく、マイニングと同じような役割を果たすことができます。

マイニングでは、複雑は計算を行ったあとの「合意形成」がゴールになります。

これは、要するに取引が正常に記録されましたよという承認行為です。

これによって、はじめてブロックチェーンのブロックが生成されるのです。

合意形成を行う方法は、「コンセンサスアルゴリズム(合意形成の方法)」と呼ばれており、いくつかの種類があります。

例えば、Pow(プルーフ・オブ・ワーク)というコンセンサスアルゴリズムはビットコインにも採用されているもので、これこそがマイニングによってブロックが形成されていく仕組みをもつアルゴリズムです。

さらに他には、以下のようなコンセンサスアルゴリズムがあります。

  • PoS(プルーフ・オブ・ステーク)→イーサリアム
  • PoI(プルーフ・オブ・インポータンス)→ネム
  • PoC(プルーフ・オブ・コンセンサス)→リップル
このように、実は通貨によって採用されているコンセンサスアルゴリズムがちがうということがわかりますね。

ここが大事なポイントです。

ステーキングはどの通貨でもできるわけではなく、Posを採用している通貨のみができる手法なのです!

 PoSとステーキングの関係

仮想通貨(ビットコイン)の誕生と共に実現されたブロックチェーン技術はPowによって支えられてきましたが、様々な課題があります。

  •  計算を行うために大量の電力消費や電子廃棄物を発生させるため、エコじゃない。
  • マイニングを企業で行う例が増えており、大規模なクラウドマイニングによってソロマイナーができることはなくなった。これによって非中央集権という特徴が揺らいでいる。
こうした課題を解決するべく生まれたのがPoSです。

PoSはブロック生成の合意形成のために複雑な計算処理を必要としません。

通貨を保有している量や期間によってブロック生成の権限を得ることができるのです。

つまり、これがステーキングです。やっとつながりましたね!

従来のPowというコンセンサスアルゴリズムが持つ課題をクリアするために誕生したPoS。

これを採用している通貨は、保有しているだけでブロック生成権限を得ることができる。

ネットワークに通貨を預け入れておけば自然とネットワークの貢献者となることができ、報酬を受け取ることができる。

ステーキングを行うためにはステーキングサービスを利用する。

こういう仕組みなのです。

そうか!じゃあ、PoSを採用している通貨を片っ端から買って大事に持っておこう!

と思った方、少し待ってください。

実はステーキングを行うためには、PoSを採用しているネットワークに参加する必要があるのです。

でもそんなのは一般人には無理なことです。

これを行うには、ステーキングについてしっかりと知り、高性能なコンピューターを持っていなければならないからです。

え!じゃあ、ステーキングはできないの?

これから紹介していくのは、取引所が展開している「ステーキングサービス」になります。

本来のステーキングは一般人には到底できないことですが、ステーキングサービスは誰でも簡単に利用することができるサービスです。

このサービスは、ステーキングプールと呼ばれる通貨がたくさん保有されている湖のようなところに、自分が保有している通貨を預け入れることでステーキングに貢献し、分配金を受け取ることができるというもの。

これなら、特に深い知識もなく参加できそうな気がしますよね!

ステーキングとレンディングのちがい

ステーキングサービスと似たようなものでレンディングサービスというものがあります。

レンディングサービスは、保有している通貨を取引所に貸し出すことで複利を得ることができるサービスです。

こちらも売らなくてよいという点ではステーキングサービスと同じといえます。

しかしステーキングサービスの場合は、誰かに通貨を貸すというよりはネットワークに預けるというイメージなので似たしくみではありますが、まったくの別物になります。

ステーキングのメリット

ステーキングのメリット

複雑なステーキングについて理解をしたところで、ここからはステーキングサービスを利用するメリットについて紹介していきます。

ローリスクで利益を得ることができる

ステーキングサービスを利用する場合は、通貨を買って保有していれば勝手に利益が発生するので非常にローリスクで利益を得ることができます。

特に、中・長期保有することを考えるならただ単純に保有するだけでなく、ステーキングサービスを利用することがおすすめです。

何も考える必要がない

ステーキング自体を説明するととんでもなく難しいように思えてしまいますが、取引所のステーキングサービスを利用する時には、何かを考える必要はありません。

ただ通貨を買って保有しているだけで良いので非常に簡単でわかりやすいものになっています。

これが初心者におすすめする最大のメリットです。

ステーキングのデメリット

ステーキングのデメリット

一方、ステーキングサービスにはどんなデメリットがあるのでしょうか?2つ紹介していきます。

通貨の保有中に価値が下がることがある

仮想通貨の価値は日々変動しています。

ですから、ステーキング通貨の保有中に価格が下がってしまうこともあるのです。

こうしたリスクはどんなサービスにおいても付きまとうものです。

リスクがあることをしっかりと把握しておくようにしましょう。

対象の通貨に限りがある

最初に説明した通り、ステーキングはPoSネットワークを採用している通貨でのみ行うことができる手法です。

また、取引所で取り扱っている銘柄に限りますので、国内取引所に絞るとステーキングができる通貨はかなり絞られてしまいます。

今後取扱い通貨が増えていけば選ぶ楽しみも生まれますが、現段階では選べるほどの数がないと押さえておきましょう。

もちろん、海外取引所を使えばその幅も広がりますが、初心者にとって海外取引所はまたちがったハードルがありますので、まずは国内取引所のステーキングサービスについて知っていきましょう。

ステーキングで利益を出すためのポイント

ステーキングで利益を出すためのポイント

ステーキングで利益を得るためには2つのポイントを押さえて、購入する通貨を検討する必要があります。

長期保有しやすい通貨を選ぼう

長期保有しやすいというのは、将来の展望があり長く続いていく可能性を含みます。

仮想通貨は毎日たくさん誕生していますが、その中で育たずに消えてしまうものもたくさんあるのです。

ステーキングの利益を狙って保有していても、その内廃止になってしまったとなっては困りますよね。

そうならないように、将来性のある通貨を選ぶようにしましょう。

国内取引所ならそもそも取扱い通貨がかなり洗練されているので、安心して選ぶことができます。

海外取引所の利用含めて選ぶなら、基本的にはある程度メジャーな通貨(ランキング100位以内程度)を選択肢にしましょう。

利率をチェックしよう

取引所や通貨によって利率が異なります。これをしっかりチェックするようにしましょう。

ちなみに銀行にお金を預けても、今は年利が0.0001%くらいしかないので、年利数円しか得られないようになっていますよね。

ステーキングサービスを利用すると、その年利が5%くらいにまで膨れ上がり、ただ銀行にお金を預けるよりも資産を増やすことができるのも嬉しいポイントです。

どうせなら、利率が高い取引所を利用したり通貨に投資したりすることで、しっかりと資産を増やしていきましょう。

仮想通貨ステーキングができるおすすめ国内仮想通貨取引所のステーキングサービスをうまく利用しよう

仮想通貨ステーキングができるおすすめ国内仮想通貨取引所のステーキングサービスをうまく利用しよう

ステーキングサービスを利用できる国内取引所について、利率なども含めて紹介していきます。

ステーキングサービスを利用して仮想通貨で稼ごうと考えている方は参考にしてみてください。

サービスを提供している国内取引所は少なく、また現在サービス停止中のところも多いので事前にしっかりと情報を調べておくようにしましょう。

GMOコインのステーキングサービス(2021年10月7日現在)

ステーキング対象銘柄 XTZ(テゾス)
ステーキング最小保有数量 1XTZ/1日
ステーキング最低必要金額 914円(現在価格)
ステーキング利率 年率3~6%
報酬発生日 毎月10日(土日祝の場合は翌平日)

※配分は最短翌々月から

手数料 無料

GMOコインではテゾスのみがステーキングできるようになっています。

現在(2021年10月7日)時点で1XTZ=914円ですので、1XTZを購入しGMOコインの口座に入れておくと翌々月から配分を受け取ることができるようになります。

年率3~6%ですので、例えば口座に10万円分のテゾスを入れておけば年に3000~6000円を受け取ることができます。

注意点としては、毎月10日に必ず配分がもらえるというわけではないことです。

ステーキングを受け取るためには、テゾスのネットワーク内で合意形成のために選ばれなければなりません。選出のあたりは、サービスを展開するGMOコインに委任する形となるので、どうなるかは不明瞭な点です。

口コミを見ると10日前後にしっかりと報酬を受け取っている人たちがいることがわかりますね!

 

ちなみにテゾスは現在かなり価格が上がっている状態なので、これから大量に買ってステーキング保有するとなると資金がかなり必要となることを覚えておきましょう。

ステーキング通貨の価格も、選ぶポイントになってきますね!

bitFlyer(2021年10月7日現在ステーキング停止中)

ステーキング対象銘柄 LSK(リスク)
ステーキング最小保有数量 10LSK/1日
ステーキング最低必要金額 368円(現在価格)
ステーキング利率 不明
報酬発生日 毎週火曜日
手数料 無料

bitFlyerのステーキングサービスは現在停止中ですが、再開した時にすぐに利用できるように基本的な事項を押さえておきましょう。

bitFlyerでのステーキング通貨はリスクです。

現在368円ですから、最低保有数量の10LSKをそろえるのに3680円あれば良いことになりますね。

GMOコインと同様に、毎週必ず報酬を受け取れるわけではありません。

現在はサービス停止中ですので、サービス再開を求める声も散見されます。

コインチェック(2021年10月7日現在ステーキング停止中)

ステーキング対象銘柄 LSK(リスク)
ステーキング最小保有数量 10LSK/1日
ステーキング最低必要金額 368円(現在価格)
ステーキング利率 不明
報酬発生日 毎週水曜日
手数料 無料

コインチェックのステーキングサービスは現在停止中ですが、再開した時にすぐに利用できるように基本的な事項を押さえておきましょう。

コインチェックも基本的には、bitFlyerと同じです。

毎週水曜日に必ず配分を受け取れるわけではないことに注意しましょう。

また、コインチェックのステーキングサービスはβ版で、現在利用できない状態になっています。

この後サービスが再開するかどうかも不明である点も合わせて確認しておきましょう。

国内取引所を使わずにステーキングするには

国内取引所を使わずにステーキングするには

ご覧の通り、bitFlyerとコインチェックがサービス停止中ですので、国内でステーキングサービスを利用できるのは実質GMOコインだけというのが現状です。

これだと銘柄も選ぶ余地がなくテゾスのみになってしまいますね。

しかもテゾスは今価格が上がっているところなので、0から買いそろえるのはなかなか骨が折れます。

国内取引所でのステーキングサービスの利用以外で、ステーキングをする方法はないのでしょうか?

実は、方法としてあと2つあります。

  • 海外の取引所を使う。
  • ステーキング対応のウォレットを使う。
初心者にとって海外取引所を使うことはかなりハードルが高いですが、ステーキングできる通貨の幅がかなり広がるため選ぶ楽しみが生まれますし、分散投資をすることもできます。

もう一つの方はしっかりと下調べが必要ですが、実現できない方法ではありません。

ウォレット使ってステーキングをする

ウォレットというのは、仮想通貨を保存しておくための財布のようなものです。

実体のない電子データである仮想通貨は、取引所の口座に保存しておくこともありますがそれとは別にウォレットに保存する場合もあります。

ウォレットに通貨を保存しておくと、取引所が万が一ハッキングされた時に自身の保有している通貨の流出を防ぐことができるなどのメリットもありますし、国内と海外問わず取引所間の送金をするのに便利です。

ウォレットには色々な種類がありますが、ステーキングができる通貨の場合は公式ウォレットが無料で発行されている場合があります。

これを利用すれば、国内取引所で対象の銘柄を購入し専用のウォレットに送金することでステーキングができるようになるのです。

ちなみに国内取引所で購入できる銘柄で、専用ウォレットでステーキングが可能な通貨は以下のものになります。

  • ETH(イーサリアム2.0)
  • DOT(ポルカドット)
  • XTZ(テゾス)
  • ATOM(コスモス)
  • QTUM(クアンタム)
  • LSK(リスク)
  • IOST(アイオーエスティー)
  • PLT(パレットトークン)
  • ADA(カルダノ)

各取引所で上記のコインを購入し、対応しているウォレットに保存してステーキングの設定をしておけば、取引所のステーキングサービスを利用しなくてもステーキングの報酬を受け取ることができます。

ステーキングで儲かる!おすすめの仮想通貨銘柄ランキング

ステーキングで儲かる!おすすめの仮想通貨銘柄ランキング

専用のウォレットを使ってステーキングをする場合、どの銘柄を買ったらいいか悩みますよね。

ここでは先ほど紹介した通貨を利率順にランキング形式で紹介していきます。

順位 銘柄 現在価格 時価総額 利率
DOT(ポルカドット) ¥3,793.31 ¥3,747,741,853,467 13.26%
ATOM(コスモス) ¥3,995.73 ¥889,168,478,279 9.67%
IOST(アイオーエスティー) ¥6.01 ¥109,432,081,648 8.59%
ADA(カルダノ) ¥255.84 ¥8,221,106,720,664 6.09%
5 XTZ(テゾス) ¥866.47 ¥747,905,911,895 5.47%
ETH(イーサリアム2.0) ¥397,799.69 ¥46,901,516,621,460 5.3%
7 PLT(パレットトークン) ¥50.73 ¥4,482,371,432

10%

(目標値)

8 LSK(リスク) ¥383.07 ¥49,377,827,991 -8.91%

2021年10月7日時点

この表を見ると利率が最も高いポルカドットが非常に魅力的に見えますね。

しかし3793円となると、コツコツ買い集めるのには時間がかかるでしょう。

ということは、利率だけを見てステーキング通貨を決めるというのはナンセンスということです。

表を見るとわかるように、コインチェックとbitFlyerでステーキングサービスの対象となっていたリスクは利率がマイナスになっています。これでは保有しているだけで、損失が発生してしまうとことです。

ステーキングにはこうしたリスクがあるということも忘れてはいけません。

この状況ですから、二社が一時ステーキングサービスを停止していることにもうなずけます。

一つ一つ見ていくと利率が高くて現在価格が安いIOSTは非常に良さそうですね!

この先どうなるのかIOSTの様子を見極めながら、買っておくのも手でしょう。

ちなみに7位のパレットトークンは、9月16日からコインチェックのレンディングサービスで取扱いが開始された通貨です。

同時に公式ウォレットにてステーキングができるようになりました。

利率については、こちらの発言から、目標値10%と設定していることがわかります。

 

吉田世博氏はパレットトークンを発行する株式会社Hashpaletteの代表取締役です。

ステーキングで発生した利益にかかる税金ってどうなるの?

ステーキングで発生した利益にかかる税金ってどうなるの?

さて、ここからは耳が痛い話を少ししていきます。

仮想通貨などの投資で得たお金にはしっかりと税金がかかってきます。

個人で投資を行う場合はこれらの利益が雑所得という分類になり、かなりめんどくさい計算を行って税率を算出することになります。

ステーキングで発生した利益も雑所得に分類されるのですが、問題は経費計上できる部分が少ないということ。

保有しているだけですので、例えば手数料やウォレットの利用料などは経費に含まれますがそれ以外の部分で経費にするのが難しいのです。

つまり、ステーキングで発生した利益にはがっつりと税金がかかってしまうということです。

通常の売買で得た利益の場合、出金せずに含み益として置いておけば税金がかからないという節税対策があります。

ステーキングの場合は自動で報酬が発生するため、含み益として置いておくということはできないのです。

したがって年間20万円以上のステーキング利益が発生した場合はまず間違いなく税金がかかることを忘れないようにしてください。

この場合は確定申告をして、税金を支払う義務があります。

仮想通貨ステーキングのまとめ

仮想通貨ステーキングのまとめ

ステーキングは、紐を解いていくとブロックチェーンのしくみまで遡ることになりますが、非常に夢のある稼ぎ方であることがわかりましたね。

通貨を持っているだけで利益が発生するのは、初心者にとってとても簡単でやりやすい投資方法です。

しかし本来のステーキングというのは複雑な行為であるため、通常は一般人ではできない行為です。

そこで取引所が展開しているステーキングサービスを利用することで、難しいやりとりは取引所に任せて自分は通貨を保有しているだけで配当金を受け取ることができるようになっています。

ところが国内取引所では現在、コインチェックとbitFlyerがサービスを停止しているためGMOコインでしかステーキングサービスを利用することができません。

このためステーキングでの利益を狙うなら、専用のウォレットを利用することをおすすめします。

ただし、ステーキングで発生した利益には税金がかかってきますので、そのことはしっかりと覚えておくようにしましょう!