ビットコインFXでおすすめの海外仮想通貨取引所ランキングTop10!

ビットコインFXでおすすめの海外仮想通貨取引所ランキングTop10!

国内取引所をある程度使っている内に、だんだんと慣れて色々な取引に興味が出てきますよね。

現物取引以外にも仮想通貨にはFX取引というものがあります。

しかし国内でかけられるレバレッジは2倍までとなっていて、あまりうまみがありません。

海外の取引所なら規制に関係なくレバレッジが掛けられるのに…

そう思っているユーザーの皆さんに、2021年現在おすすめの海外ビットコインFX取引所のおすすめランキングを紹介していきます!

おすすめの海外ビットコインFX取引所は…
  • 日本語サポートの充実度で選ぶならBaseFEX(ベースフェックス)
  • 手数料の安さで選ぶならBybit(バイビット)
  • 初めてのFX取引ならiFOREX(アイフォレックス)

ビットコインFXにおすすめの海外仮想通貨取引所ランキング!

ビットコインFXにおすすめの海外仮想通貨取引所ランキング!

取引所名 取扱い銘柄 最大レバレッジ ロスカット率 日本語サポート
Bybit

バイビット

24 100倍 50%
Bitterz

ビッターズ

18 888倍 100%
Binance

バイナンス

6 20倍 50%
CryptoGT

クリプトジーティー

18 500倍 100%
MEXC

エムイーエックスシー

約600 125倍 100%
BaseFEX

ベースフェックス

12 100倍 50%
FXGT

エフエックスジーティー

30 1000倍 20~40%
Bitfinex

ビットフィネックス

23 3.3倍 15%
POLONIEX

ポロニエックス

94 2.5倍 50%
iFOREX

アイフォレックス

23 10倍 20%

今回のランキングは、初めての海外ビットコインFXに挑戦する人向けに日本語サポートが充実している取引所の中から、取引量が多くまた信頼できる運営元のところを選出しています。

それぞれの詳しい内容については、次項でチェックしていきましょう!

ビットコインFXとは

ビットコインFXとは、レバレッジ取引やデリバディブ取引とも呼ばれており、レバレッジをかけて通貨の売買を行う方法です。

売買に使う資金を証拠金という担保として口座に入れ、そこにレバレッジをかけることで実際に持っている金額よりも多い資金で売買をすることができます。

例えば、10万円の資金に対して2倍のレバレッジをかけて売買を行う時、使える資金は20万円になります。

国内取引所ではレバレッジが最大2倍という規制がありますが、海外の場合は制限がないため想像を絶するほどのレバレッジをかけることができることが大きな魅力です。

国内では10万円の資金で20万円までの取引しかできませんが、海外取引所を使えば10万円で100万円や1000万円分の取引もできてしまうのです。

しかし当然、元手よりも多い金額で取引できるという背景にはそれなりのリスクがあるということもしっかり覚えておきましょう。

安定した取引スピードの「Bybit(バイビット)」

運営元・所在地 シンガポール
取扱い銘柄 24種類
最大レバレッジ 100倍(BTCペアのみ)
追証制度 ・追証なし
・ゼロカットシステム
ロスカット率 50%
FX取引手数料 テイカー手数料 0.075%
メイカー手数料 -0.025%
その他手数料 ・決済手数料…0.05%
・出金、送金手数料…無料
・Funding手数料…変動あり(取引画面にて確認)※一日3回(0:00、8:00、16:00)
日本語サポート
その他 ・クレジットカード入金可
・両替可(BTC・ETH・EOS・XRP・USDT)
・BTCペア以外のレバレッジ10~50倍

FX取引において、取引スピードはかなり重要になってきます。

特に長期保有には向かない性質をしていますので、多くの人が短期トレードをしていくことになるでしょう。

バイビットのサーバーは非常に安定していて、安定した取引スピードを保っていることが人気のポイントとなっています。

このおかげで注文が滑ったり損切りが遅れたりしてユーザーが損失を出すことが少なく済んでいます。

日本語サポートも充実しているので、海外取引所が初めてのユーザーも安心して利用することができます。

Bybit(バイビット)のキャンペーン・ボーナス情報
  • 新規口座開設後、9000円相当のBTCを付与。(条件あり)
  • 期間中(10月18日~11月18日)に初回入金を行うと10~3000ドルのボーナス付与。

完全日本語対応の「Bitterz(ビッターズ)」

運営元・所在地 セントヴィンセント・グレナディーン
※サポートセンターは台湾
取扱い銘柄 18種類
最大レバレッジ 888倍
追証制度 ・追証なし
・ゼロカットシステム
ロスカット率 100%
FX取引手数料 無料
その他手数料 ・入出金手数料…無料
・スワップポイント…変動あり
日本語サポート
※サポートはメールのみ日本語対応
その他 ・クレジットカード入金可
・デモ口座あり
・MT5を利用できる
・最低入金額の設定あり

日本語対応が非常に充実している点でおすすめなのがビッターズです。

サポート自体はメールのみが日本語対応となりますが、サイトや取引画面は完全日本語対応なため国内取引所と同じような感覚で利用することができます。

MT5を利用することができるのでFX経験者には親しみやすいのですが、逆にいうとMT5しか対応していないためMT4ユーザーにとっては慣れるまで少々時間がかかるでしょう。

2020年に設立した新しい取引所ですが、日本語対応の部分では非常に期待が持てます。

Bitterz(ビッターズ)のキャンペーン・ボーナス情報
  • 期間中(10月25日~29日)に新規口座開設で、5000円相当のBTCを付与。
  • 期間中(同上)にビッターズウォレットに入金で最大100%のボーナス付与。

世界最大の取引量を誇る「Binance(バイナンス)」

運営元・所在地 マルタ共和国
取扱い銘柄 6種類
最大レバレッジ 20倍
追証制度 ・追証なし
・ゼロカットシステム
ロスカット率 50%
FX取引手数料 一律0.1%
※BNB利用で0.05%
その他手数料 ・入出金手数料…
・レバレッジ手数料…別途記載
日本語サポート
その他 ・クレジットカード入金可

海外取引所と言えば、最も有名なのがバイナンスでしょう。

取引量が世界で一番多い分、ユーザーもたくさんいて活気のある取引所です。

レバレッジ取引に対応している通貨の種類はかなり少ないですが、日本語サポートもあるので初めての海外取引所でも安心して利用することができます。

最大レバレッジが20倍となっており、海外にしては低い倍率となっていますが、いきなり高レバレッジで取引するよりも低倍率で挑戦した方が良いため、初心者にはちょうど良いでしょう。

また、独自に発行しているBNB(バイナンスコイン)を利用することで、手数料を10%カットすることができます。

Binance(バイナンス)のキャンペーン・ボーナス情報

現在キャンペーン・ボーナス情報はありません。

ハイレバレッジの取引に挑戦できる「CryptoGT(クリプトジーティー)」

運営元・所在地 マーシャル諸島
取扱い銘柄 18種類
最大レバレッジ 500倍
追証制度 ・追証なし
・ゼロカットシステム
ロスカット率 100%
FX取引手数料 無料
その他手数料 ・入出金手数料…基本無料
・スワップポイント…変動あり
※1日に6回発生(3:00、7:00、11:00、15:00、19:00、23:00)
日本語サポート

ハイレバレッジのビットコインFX取引所はたくさんありますが、その中で日本語対応がしっかりしているところは数少ないです。

クリプトGTはそんな数少ない取引所となっています。

特に取引ページで日本語表示ができるので、英語が苦手な人も国内取引所感覚で利用することができます。

また大きな特徴として、仮想通貨以外にも為替や株価指数のトレードもできるようになっています。

CryptoGT(クリプトジーティー)のキャンペーン・ボーナス情報
  • 入金100%ボーナスキャンペーン(10月28日~31日)
  • 初回入金80%ボーナスキャンペーン

詳しい情報はこちら

機体の新規銘柄の上場が早い「MEXC(エムイーエックスシー)」

運営元・所在地 シンガポール
取扱い銘柄 約600種類
最大レバレッジ 125倍
追証制度 ・追証なし
・ゼロカットシステム
ロスカット率 100%
FX取引手数料 一律0.2%
その他手数料 ・出金手数料…通貨ごとにあり
・レバレッジ手数料…1日に3回(1:00、9:00、17:00)
日本語サポート

新規銘柄の上場が素早く、しかも将来性が高いことに定評があります。

背景には独自トークンを利用したIEO参加システムにあります。

MEXCではMXという独自トークンを発行しており、これを持っているとIEOに参加することができるようになります。

これによって、取り扱って欲しい通貨を上場させることができるのです。

各取引所では扱っていないが期待が持てる草コインというのは世の中にたくさんありますが、これを上場させたいと思っているユーザーにとっては大変便利なシステムとなっています。

FX取引の経験がある程度あるユーザーに大変おすすめの取引所です。

MEXC(エムエックスシー)のキャンペーン・ボーナス情報
  • ETFハロウィンキャンペーン レバレッジETF取引でエアドロップ入手

詳しい情報はこちらから

キャンペーン情報は公式Twitterから

バイナンスと併用がおすすめ「BaseFEX(ベースフェックス)」

運営元・所在地 セーシェル共和国
取扱い銘柄 12種類
最大レバレッジ 100倍
追証制度 ・追証なし
・ゼロカットシステム
ロスカット率 50%
FX取引手数料 メイカー0.0200%(レベル0)
テイカー0.0600%(レベル0)
※取引量レベルに応じて手数料が変動する
その他手数料 ・入出金手数料…原則無料(別途ネットワーク手数料が発生)
・レバレッジ手数料…1日3回(3:00、11:00、19:00)
日本語サポート
その他 ・BNB(バイナンスコイン)を取り扱っている
・最低入金額の設定なし

バイナンスの独自トークンであるBNBを取り扱っている数少ない取引所です。

バイナンスを主で使っているユーザーのサブ取引所として人気となっています。

とにかく日本語サポートが充実していて、国内取引所と同じような感覚で利用できる部分が日本人ユーザー人気の理由です。

取引手数料は、取引レベルによって変動していく面白いシステムを採用しています。

表の数字はレベル0の最初の数字ですが、レベルが上がっていきレベル6に到達するとメイカー0.0050%・テイカー0.0300%と安くなっていきます。

取引を重ねるほどお得に取引できるようになるのは嬉しいポイントです。

BaseFEX(ベースフェックス)のキャンペーン・ボーナス情報

現在キャンペーン・ボーナス情報はありません。

海外取引所最大の1000倍レバレッジ「FXGT(エフエックスジーティー)」

運営元・所在地 セーシェル共和国
取扱い銘柄 30種類
最大レバレッジ 1000倍
追証制度 ・追証なし
・ゼロカットシステム
ロスカット率 20~40%
※口座の種類によって変動
FX取引手数料 無料
その他手数料 ・入出金手数料…無料
・レバレッジ手数料…1日6回(3:00、7:00、11:00、15:00、19:00、23:00)
日本語サポート
その他 ・90日以上の取引がない場合は口座維持費発生

通常の海外FX取引所ではよくみる1000倍レバレッジですが、ビットコインFXでこのレバレッジをたたき出しているところはありません。

通貨の取引量や種類に応じて最大レバレッジは変動しますが、最大レバレッジ1000倍は魅力的です。

セーシェル共和国での金融ライセンスを取得していることも信頼できるポイントで、レバレッジが高いにも関わらず安心して利用することができます。

キャンペーン・ボーナスも豊富で、元手0で高レバレッジ取引を試してみたい人におすすめです。

FXGT(エフエックスジーティー)のキャンペーン・ボーナス情報
  • 新規口座開設、又はアカウント認証完了で3000円分のボーナス付与。
  • BTCとETHのペア限定で上限なしのキャッシュバックキャンペーン実施。(10月18日~31日)
  • 期間内(10月27日~11月1日)に10万円以上の入金で100%ボーナス付与。
  • 初回入金100%ボーナス、その後の入金も30%ボーナス付与。

使いやすさに定評がある「Bitfinex(ビットフィネックス)」

運営元・所在地 スイス
取扱い銘柄 23種類
最大レバレッジ 3.3倍
追証制度 ・追証なし
・ゼロカットシステム
ロスカット率 15%
FX取引手数料 メイカー 0.02%
テイカー 0.075%
その他手数料 ・入金手数料…無料
・出金手数料…通貨によって異なる
日本語サポート

ビットフィネックスは、香港にあった本拠地をスイスに移して運営を続けています。

日本語サポートがないので、日本人ユーザーにとっては敬遠されがちでもありますが、海外取引所としては非常に使いやすいとの評価が高くなっています。

最大レバレッジが3.3倍と非常に低倍率なのも特徴的です。

Bitfinex(ビットフィネックス)のキャンペーン・ボーナス情報

現在キャンペーン・ボーナス情報はありません。

取扱い銘柄が豊富な「POLONIEX(ポロニエックス)」

運営元・所在地 アメリカ合衆国
取扱い銘柄 94種類
最大レバレッジ 2.5倍
追証制度 ・追証なし
・ゼロカットシステム
ロスカット率 50%
FX取引手数料 メイカー 0.15%
テイカー 0.25%
その他手数料 ・入金手数料…無料
・出金手数料…0.25%
・スワップポイント…不明
日本語サポート

日本語サポートがありませんが、国内では取り扱っていない銘柄をたくさん扱っていることが大きな魅力です。

最大レバレッジは2.5倍となっていて、国内とあまり変わらないところも特徴的です。

低倍率にも関わらずユーザーはビットコインFXに慣れた中~上級者に人気となっています。

その理由は、ポロニエックスにしかない最先端の取引機能にあります。

また、仮想通貨のレンディングサービスもあるので、そちらを目当てに登録するユーザーも多くなっています。

POLONIEX(ポロニエックス)のキャンペーン・ボーナス情報

現在キャンペーン・ボーナス情報はありません。

FXの代名詞「iFOREX(アイフォレックス)」

運営元・所在地 アメリカ合衆国
取扱い銘柄 23種類
最大レバレッジ 10倍
追証制度 ・追証なし
・ゼロカットシステム
ロスカット率 20%
FX取引手数料 無料
その他手数料 ・入出金手数料…無料
・スワップポイント…通貨によって変動
日本語サポート
その他 ・日本円を証拠金として入金できる。

アイフォレックスと言えば、FX経験者なら知らない人はいない海外FXの老舗として有名です。

海外FX業者は仮想通貨FXサービスを展開していたのですが、軒並み撤退しています。

その中でアイフォレックスは今もビットコインFXサービスを提供しているのです。

海外FX経験者で仮想通貨も試してみたいという人には断然おすすめです。

また、FXに関する絶対的な信頼感を持つ取引所として初心者にも非常におすすめです。

日本語サポートの充実度はピカ一ですし、日本円で銀行入金できるのも大きな魅力の一つです。

iFOREX(アイフォレックス)のキャンペーン・ボーナス情報
  • 初回入金100%ボーナス

詳しい情報はこちらから

ビットコインFX海外仮想通貨取引所を選ぶポイント

10の海外ビットコインFX取引所について紹介しましたが、この中から選ぶのも一苦労ですよね。

ここでは、海外ビットコインFX取引所を選ぶ時のポイントと、そのポイントに従って選定した取引所を1か所ずつピックアップして紹介していきます。

日本語サポートの有無と使いやすさ

海外の取引所を使う時に一番大きな障壁となるのが言語です。

英語を主体としているところが多く、英語が苦手な人にとってはそれだけで海外取引所を敬遠してしまいます。

先ほど紹介した取引所の中には、日本語でサイトや取引ツールを利用できたり日本語対応してくれるサポートがあったりと、実は日本語に手厚い取引所もあるのです。

日本語を使って安心して取引をしたい!という方には、日本語サポートが充実している取引所を選ぶことをおすすめします。

日本語サポートの充実度で選ぶおすすめの海外ビットコインFX取引所

BaseFEX(ベースフェックス)

ベースフェックス

手数料の割合

ビットコインFXでしっかりとチェックしておきたいポイントが手数料です。

よく「取引手数料無料!」と謳っているところがありますよね。

特に海外取引所の場合は、確かに取引手数料自体は無料なところが多いです。

しかし、FX取引では他にも色々な手数料がかかってくることも忘れてはいけません。

FX取引で発生する手数料
  • 取引手数料
  • 入出金手数料
  • レバレッジ手数料(スワップポイント・資金調達料金・Funding手数料)
  • スプレッド

特にスワップポイントやスプレッドなどは、その時々によって変動する場合が多いです。

また取引所ごとに開き方も大きく異なるので、事前にしっかりと調べてから取引に臨むようにしないと、取引でかかる費用がかさみ、結果的に損をすることになってしまいます。

手数料の割合で選ぶおすすめの海外ビットコインFX取引所

BYBIT(バイビット)

バイビット

ゼロカットや追証なしなどのシステム

海外ビットコインFX取引所の大きな魅力として、追証なしとゼロカットシステム採用というものがあります。

後で説明していますが、FXは証拠金以上の取引ができる分だけ損失が出てしまった時に、それが証拠金以上になってしまう場合があります。

つまり、口座残高がマイナスになってしまうのです。

この時、口座の残高を0に戻さなければ取引ができませんので、取引所から入金を求められることになりますよね。これが追証(おいしょう)です。

しかし海外の取引所では追証が発生しないように、ゼロカットシステムが採用されているところが多いです。

これは、口座残高がマイナスになるまでに取引所の方で強制的にロスカットしてくれるシステムです。

これは国内取引所には存在しません。ですから、国内の場合は追証が100%発生することとなります。

ユーザーが借金を負わないようにするためのシステムが備わっているのが海外取引所なのです。

先ほど紹介した取引所のほとんどがこのシステムを採用しています。

しかしシステムを採用しているからと言って100%借金を負わないというわけではありません。

注意点やリスクもありますので、気を付けましょう。

今回紹介した取引所は全て追証なしのゼロカットシステム採用のものとなっています。

海外仮想通貨取引所のビットコインFXの特徴

海外仮想通貨取引所のビットコインFXの特徴

ビットコインFXにおいてハイレバレッジの取引をしたい!という人は、海外取引所がおすすめです。

国内では規制によって最大レバレッジは2倍までとなっていますし、先ほど説明したゼロカットシステムなどもないからです。

国内と海外の取引所でどのようなちがいがあるのかを紹介していきます。

取扱い銘柄が多い

これはFX取引に限りませんが、通貨の取扱い銘柄の種類に圧倒的な差があります。

元々取り扱っている種類の数がちがうので当然と言えば当然です。

国内では例えば、GMOコインで19通貨ペアのレバレッジ取引ができますが、これに対して海外は倍以上の種類の通貨ペアを取り扱っているのです。

ハイレバレッジのトレードができる

規制がない海外の取引所では最大レバレッジが888~1000倍などというとんでもない倍率をかけることができます。

数字にするとわかりやすいですが、日本では証拠金10万円に対して最大2倍のレバレッジなので20万円までの取引しかすることができません。

海外の888倍のレバレッジをかければ証拠金が8880万円となり、その分の取引をすることができるのです。

キャンペーンやボーナスの利用で元手0を実現

国内と海外の大きなちがいの一つにキャンペーンやボーナスがあります。

海外取引所では口座開設をすると5000円分のBTCがもらえるなどのキャンペーンが行われています。

この5000円にレバレッジをたくさんかけて取引をすれば、元手が0でレバレッジ取引をすることができるのです。

特にFX取引が初めてという人は、これを利用すれば気楽にFX取引を体験することができます。

取引所によっては色々なキャンペーンやボーナス特典が用意されているので、こちらも比較材料にすると良いでしょう。

現物取引とビットコインFXのちがい

現物取引とビットコインFXのちがい

FX取引のしくみについて少しおさらいしておきましょう。

そもそもなぜ少ない資金で大きな金額の取引を行うことができるのでしょうか?

FXとは「Foreign Exchange」のことで、日本語にすると「外国為替」という言葉になります。

外貨を売買してその値幅(売値と買値の差益)を得ることで収益を上げる方法として知られています。

仮想通貨でも同じように、変動する為替レートを利用して2つの通貨の差益を得ることで収益を上げることができます。

通常の取引では例えばBTCを買うために1万円を支払うというイメージですが、FX取引の場合はこの部分が存在せず、取引後の差額のみを決済します。

もらえるのは結局差額だけなので取引所が損をすることはありません。

(例)

<現物取引>

1BTC=10000円の時

10BTCを現金10万円で購入し、1BTC=15000円の時に売却した。

手元に残るのは15万円になる

差額は5万円

 

<FX取引>

1BTC=10000円の時

証拠金10000円を入金してレバレッジ10倍で取引をした。

すると10万円分(10000円×10倍)の取引ができる。

この10万円分で10BTCを購入する。

1BTC=15000円の時に売却した

この時手元に残るのは15万円ではなく、差額の5万円

ちがいは自己資金が必要かどうかです。

これは利益が発生した時の例ですが、損失の場合はどうなるのでしょうか。

先ほどの例で、1BTC=5000円で売却したとしましょう。

この時、決済金額は50000円となりますね。

最初の資金は10万円でしたから、ここで5万円の損失が出るとこの分の5万円は支払わなければならなくなります。

つまり、1万円の証拠金取引で5万円を失うことになるのです。

これだけを見ると投資金額以上の損失をしてしまっていることがわかります。

レバレッジが大きくなればなるほどこのリスクは高まります。

だからこそ高いレバレッジで取引できる海外取引所では、追証なしやゼロカットシステムの採用がされているのです。

ビットコインFXは長期保有で損をする

ビットコインFXは手数料以外にもスワップポイントが発生するため長期保有で利益を狙うと損をすることがあります。

スワップポイントは、未決済のポジションを保有している時に常に発生します。

先ほど紹介したクリプトGTは、1日に6回もスワップポイントが発生するので、決済しなければ永遠にこれが引かれることとなります。

取引所によってこの回数も金額も変わるので、しっかりとチェックしなければなりません。

一方、現物取引ではこのようなスワップポイントは発生しません。

ポジションを持っているだけで発生する手数料はないのです。

ここに両者の大きなちがいがあります。

ロスカットシステムがある

現物取引ではポジションを決済しなければ、損益が発生しません。

このため大きな損失が出たとしても、価格の回復を待ってから決済することができます。

ところがFX取引の場合は、ロスカットといってある一定の水準まで損失が出てしまった時は強制的にポジションが決済されるしくみが存在します。

つまり、価格の回復を待つことができないのです。

海外取引所の多くはロスカット率というものを設けています。

この割合によって強制的にロスカットが発生するタイミングが変わります。

このしくみのおかげでユーザーの証拠金がマイナスになることを防ぐことができますが、ロスカットが間に合わなかった時に証拠金がマイナスになってしまう時もあります。

ですから、実はゼロカットシステムというのは万能ではないのです。

スプレッドが常に変動する

FX取引において、スプレッドは必ず発生します。

取引手数料が無料な分、取引所はここで利益を得ていると言っても過言ではありません。

スプレッドは、ある通貨の売値と買値の差額のことを指します。

この幅が広ければ広いほど、ユーザーにとっての負担が大きくなります。

問題はこのスプレッド幅が常に変動するということです。

買った時には非常に狭いスプレッドで買うことができたが、売る時にはスプレッドが非常に広くなっていたということもしばしば起きます。

このため、スプレッド幅が広くなる傾向が強い取引所はなるべく避けるというのも一つの手となります。

ビットコインのスプレッド幅などは思っている以上に広く、また取引所によっては万単位で変わることもあります。

海外ビットコインFXまとめ

海外ビットコインFXまとめ

通常のFX取引をやったことがある人なら、どんな取引所を利用するのが良いのかわかると思いますが、仮想通貨を通して初めてFXに触れる人にとっては未知の世界ですよね。

今回はたくさんある海外ビットコインFX取引所の中から10を厳選してお伝えしました。

選ぶポイントは様々ありますが、海外取引所自体が初めて!という人はやはり日本語サポートが充実している取引所を選ぶのが良いでしょう。

また、仮想通貨取引所の他にも海外FX業者でビットコインFXサービスを提供しているところを利用するのも一つの手段です。

こちらの場合は、仮想通貨取引所ではできない日本円入金ができたり日本語サポートがより一層充実していたりとメリットもあります。

はじめての海外取引所はわからないことも多いと思いますので、情報をしっかり集めてじっくりと選ぶようにしましょう!